患者自身の能動性が大切

女医

医師への的確な報告が重要

うつ病を患った際は同じ精神疾患でも適応障害などとは異なり、うつ病の発症原因となったストレスの要因が例えば職場での仕事量の増加などのように物理的に取り除くことができるものだったとしても、その要因を取り除いただけで治癒を目指すことは困難です。そのため、抗うつ剤の服用をはじめとした薬物療法と支持的指導療法や認知行動療法といった精神療法などの治療を、物理的に可能であればストレス要因を取り除いた上で十分な休養を取ることと並行して行っていくことが必要になります。そしてうつ病の治療の際に大切なことが患者自身の能動的な意識と姿勢です。特に抗うつ剤の処方に際しては患者自身が高い意識を持ち、能動的に処方された抗うつ剤の効果を的確に医師に報告していくという姿勢が自らの症状により適した抗うつ剤を処方してもらうための重要な要件となるのです。というのも、うつ病患者に対する医師の診察は医療面接の形を取り、患者自身と、場合によってはその家族など身近な人から症状などの話を聞く形態となります。レントゲンや触診などの診察方法がある内科などとは異なり、精神科や心療内科の医師は患者側からの話と患者の様子を元に症状を判断するのです。そしてうつ病には多様な症状があり、それに応じて抗うつ剤の種類も豊富にあります。ですので、医師は患者側からの話を元に処方する抗うつ剤を選択せねばならないのです。そのため、特に初診の際は医師も手探りで、次回以降の診察の際により適切な抗うつ剤を処方するためのデータを取るという側面も有しながら抗うつ剤を処方するのです。だからこそ、患者側からの抗うつ剤の効果に関する的確な報告がより適した抗うつ剤の処方のために重要なのです。

日記をつけることが有効

このように処方された抗うつ剤の効果をどれだけ的確に医師に報告できるかが、より自分の症状に適した抗うつ剤を処方してもらえるかに通じるうつ病治療において、効果的な取り組み方の一つが毎日日記をつけることです。日記に記載する内容の中で必須事項となるのは毎日の心理状態も含めた体調と、その日に服用した薬の記録です。日記にすることによって、抗うつ剤の効果など、治療の中で感じた事柄を忘れてしまうリスクを防ぐ事ができますし、自らの症状の変化を第3者的な立場から冷静に比較することも可能になります。そして日記によって情報を整理することで、かかりつけの精神科や心療内科への通院の際に医師により的確な報告を行うことが可能になるのです。更に日記にはうつ病の再発予防に向けての効果もあります。うつ病には再発率の高さという特徴があります。そして、再発しやすいタイミングは、例えばうつ病を発症した際の原因となるストレスが仕事量の多さを要因としている場合に、職場に復帰してうつ病の発症前と同様の仕事量をこなすことになった場合などが該当することは勿論ですが、季節の変わり目や、ある特定の季節に再発しやすいという傾向もあります。特に再発しやすい特定の季節がいつであるかは患者によって異なります。だからこそ、うつ病の症状が治まったり、抗うつ剤の定期的な服用が不要になったと医師から診断されたとしても日記を書くことは継続することによって、例えば体調が芳しくない時期があれば、その時期が自分にとっての再発しやすい季節なのではないかと考えてその旨を日記に記載することで翌年以降のその季節を迎える際には他の季節以上に体調管理を重視するといった、うつ病の再発防止のための対策を立てやすくする効果もあるのです。